ダル 術後最多125球で3勝目 指揮官も信頼「彼こそうちのエース」

[ 2017年4月30日 14:13 ]

ア・リーグ   レンジャーズ6―3エンゼルス ( 2017年4月29日    アーリントン )

エンゼルス戦で今季3勝目を挙げたダルビッシュ (AP)
Photo By AP

 レンジャーズのダルビッシュは29日(日本時間30日)のエンゼルス戦で今季3勝目をマーク。6回を投げて3安打2失点、さらに10奪三振というパフォーマンスで前回登板に続いて自身2連勝を飾った。

 球数は125球。前回登板で右ひじ手術からの復帰後では最多となる113球を投じたが、この日のマウンドではさらにその球数を上回った。バニスター監督は「球数を抑える必要がある」としながらも、「彼こそうちのエース。素晴らしい球質だったよ」と試合後にコメント。ダルビッシュへの信頼を口にした。

 一方、エンゼルスの主砲プホルスは「球数を投げさせることはできたが、自分を含め、チームとして決定的な一打はなかった」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース