ライアン小川 我慢の投球で自身3連勝「粘っていこう、という一心」

[ 2017年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1巨人 ( 2017年4月29日    神宮 )

<ヤ・巨>7回2死二塁、小林を空振り三振に仕留めガッツポーズの小川
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川が我慢の投球で自身3連勝を飾った。打線の援護がないまま、巨人・田口と投げ合いゼロ行進に。ようやく先制してもらった直後の8回に阿部の適時打で失点して救援を仰いだが、7回2/3を1失点としのぎ切った。

 「粘っていこう、という一心で投げた。自分らしく強気の投球ができたと思う。もう1イニング投げられれば良かったですね」。前回22日の広島戦(神宮)は降雨コールドによる7回完封勝利で、2戦前からの自身の連続無失点は17イニングで途切れたが、笑顔で汗を拭った。真中監督は「小川は苦しい展開の中でよく粘った」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年4月30日のニュース