巨人 今季ワースト10与四死球 守備長く攻撃のリズムが…

[ 2017年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―2ヤクルト ( 2017年4月29日    神宮 )

<ヤ・巨>3回2死一塁、バレンティンに四球を与え小林(右)、尾花投手コーチ(中央)の話を聞く田口
Photo By スポニチ

 投手陣が今季ワーストの10四死球。終わってみれば1―2の僅差での敗戦だったが、流れを引き寄せることができないまま、試合は終わった。巨人・高橋監督は「点は取られていないので悪いとは言い切れないけど、ちょっとそこはどうかなというところ」と歯切れは悪かった。

 先発の田口は6回まで4安打無失点も自己ワーストの8四死球を与え、122球を要した。「抑えるまでの過程が苦しかった。もっと(ストライク)ゾーンで勝負しないといけない」と猛省した。2番手・篠原はバレンティンに四球を与えた直後に雄平に一発を許し「変化球でカウントを取れず、真っすぐしかない状況をつくってしまった」と唇をかんだ。今季ヤクルト戦の無失点記録は、33イニングで止まった。

 打線は8回に阿部の適時打で1点を返したが、反撃が遅かった。守備の時間が長くなる展開に、指揮官は「打つのは打つだから言い訳にはならない」としたが、攻撃のリズムを守りからつくることができなかった。 (川島 毅洋)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年4月30日のニュース