大谷 負傷後初の打撃練習「久々だったので楽しかった」

[ 2017年4月30日 05:30 ]

左太腿肉離れの負傷後、初めて打撃練習を行った日本ハム・大谷
Photo By スポニチ

 左太腿裏肉離れで2軍調整中の日本ハム・大谷が千葉・鎌ケ谷で負傷後、初めて打撃練習を行った。

 グラウンドでウオーキングを行い、室内練習場でネットスロー、キャッチボールをこなした後、バットを握るとティー打撃を開始。左足に負担が少ないようにとノーステップで計63スイングを行った。8日のオリックス戦(京セラドーム)で内野ゴロを放ち、一塁へ走り込んだ際に患部を痛めてからの初打ちに「久々だったので楽しかった」と話した。25日には都内の病院で精密検査を受け、医師とも「4週目から少しずつ前に進めていこう」と確認したという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース