ソフトB、松田&デスパイネ弾で逆転勝ち オリ山岡はプロ初白星ならず

[ 2017年4月30日 17:17 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2017年4月30日    京セラD )

<オ・ソ>9回無死、デスパイネは左越えに勝ち越しソロを放ちガッツポーズ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは終盤に松田、デスパイネの2本のソロ本塁打が飛び出し、オリックスに逆転勝ち。8回に3番手で登板し、三者凡退に抑えた岩崎に今季初勝利がついた。

 6回まで走者を出しながらもオリックス先発・山岡の前に得点を奪えなかったソフトバンクだったが、7回2死、松田がこの回から登板の吉田一の高め変化球を捉えて左中間スタンドへ今季1号ソロ。1―1と試合を振り出しに戻すと、9回には先頭のデスパイネがオリックス守護神・平野から左中間へ特大の5号ソロを放ち、土壇場で勝ち越しに成功した。

 先発の寺原は2回、連打で1死一、三塁のピンチを招くと、駿太の二ゴロの間に先制点を献上。それでもその後は無失点でしのいでリリーフ陣に託すと、五十嵐、岩崎と無失点でリレーし、勝ち越し点を呼び込んだ。9回はサファテが三者凡退に抑えて10セーブ目。

 オリックスは先発の山岡が毎回走者を出しながらも要所を締めて6回5安打無失点と好投したが、プロ初勝利はお預け。打線は2回の1点のみに終わり、ドラフト1位ルーキーを援護できなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース