元虎戦士 葛城氏が安芸に再出店「鶏食べて羽ばたいて」

[ 2016年11月6日 05:30 ]

 元阪神外野手の葛城育郎氏(39)がオーナーを務める鶏料理店「酒美鶏 葛城」(西宮市)が高知安芸キャンプの敷地内に臨時出店することが決まった。今年2月の安芸2軍キャンプにつづく第2弾で、今回も金本阪神をグラウンドの外から盛り上げる。

 「今年の成績(リーグ4位)のこともあるんで、激励の意味も込めて行きますよ。秋キャンプは若い選手がいますしね。ファンの方も、そうですが、若手選手にも鶏を食べて来季は飛躍、羽ばたいてほしいです」

 OBの一人として若手激励の意味も込めた。第3クールが始まる8日、9日の2日間で屋台を出し、名物の「葛城特製 やみつきだれの手羽から揚げ」を1人前500円で限定500食程度を販売する。チームにも差し入れする予定で、選手の胃袋を満たしていく。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月6日のニュース