青木 新天地アストロズの戦力に好印象「優勝狙える」

[ 2016年11月6日 05:30 ]

始球式を務める早大野球部OBで元東京ヤクルトスワローズの青木。打者は東京ヤクルトスワローズの西浦

 マリナーズからウエーバーを経てアストロズに移籍した青木が、大リーグ5球団目の新天地について「打者もいいし、投手も割とそろっていてかみ合えば優勝を狙えるチーム。いいイメージはある」と好印象を口にした。この日は、ヤクルト―東京六大学選抜戦の始球式に両チームのOBとして登場。残り35本に迫る日米通算2000安打についても「あまり目標とは捉えていない。もっともっと上を目指していきたい」と新天地への意気込みを示した。

 ただ、青木が「まだ本決まりじゃない」とも話したように、今後はア軍側と来季年俸交渉に入り、不調に終われば12月上旬にFAとなる可能性もある。前日午前5時に代理人から一報を受けたそうで「寝ぼけていたから、夢かなと思った」と笑い、「詳しいことはうちの代理人に聞いてもらえれば。(自分は)正直あまりよく分かっていない」と話すにとどめた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月6日のニュース