平田残留表明 7000万円から大幅アップで複数年か

[ 2016年11月6日 05:30 ]

記者会見で残留を表明した中日の平田

 国内FA権を取得し、去就が注目されていた中日・平田良介外野手(28)が5日、ナゴヤ球場で会見を行い、宣言せずにチームに残留することを表明した。

 「とりあえず一安心しています。気を引き締め直して来年に向けて練習したい」。西山和夫球団代表とは4回、計10時間以上にわたって交渉。「チームを強くするためにどうしたらいいかを話し合えた。それが大きな理由」と残留の決め手を明かした。

 金銭面の条件は交渉の中で変わることはなかったが、今季年俸7000万円(推定)からの大幅アップで複数年契約となった見込み。同代表は交渉の詳細については言及せず「私はとにかくチームを強くしたいだけ。そういう意味で彼はいい決断をしてくれた」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月6日のニュース