安楽背信でU―23日本初黒星「実力不足が目立った」

[ 2016年11月6日 05:30 ]

 第1回U―23W杯は4日(日本時間5日)、メキシコで行われ、日本はスーパーラウンドでパナマに2―3で敗戦。1次リーグを通じて今大会7試合目で初黒星を喫した。

 2―2の8回に先発の安楽が四球と失策絡みで1死一、三塁のピンチを招き、二ゴロの間に決勝点を奪われた。8回までに5度先頭打者の出塁を許した安楽は「実力不足が目立った」と肩を落とした。スーパーラウンドは今ラウンド進出チーム同士の1次リーグの対戦成績も加えられるため、日本は3勝1敗でパナマと並んで首位タイ。5日(同6日)の最終戦は決勝進出を懸けて地元メキシコと対戦する。(モンテレイ・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月6日のニュース