ルーキー高野 新守護神に立候補「フォークの精度上げたい」

[ 2016年11月6日 05:30 ]

ブルペンで投球練習をする高野

 先発に転向した西野に代わるロッテの新守護神に新人の高野が名乗りを上げた。最速151キロ右腕は「抑え志望です。三振が取れるようにフォークの精度を上げたい」。

 強気な性格も抑え向きな24歳は今季、中継ぎで14試合に投げ1勝0敗2ホールド、防御率5・87。現状では経験のある益田、内らが候補に挙がるが、伊東監督は「自分で(志望を)言うのはいいこと。そういう選手が少ないから」と若手のアピールを歓迎した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月6日のニュース