ロッテ・清田 オフのテーマは「ケガをしない」下半身強化を徹底

[ 2016年11月6日 14:03 ]

ロッテ浦和室内で練習する清田(左)

 ロッテの清田が6日、ロッテ浦和球場で練習を行い、「ケガをしないこと」と、オフのテーマを掲げた。

 室内練習場では打撃練習やダッシュに加え、バドミントンで下半身を強化。「来年のキャンプにマックスの状態で入る」と宣言した。

 今季は打率.225、6本塁打に終わったが、ソフトバンクとのCSファーストSではCS史上初の2試合連続先頭打者本塁打をマークした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月6日のニュース