ソフトB工藤監督「前腕を鍛えろ」米式“白米トレ”導入

[ 2016年10月31日 05:30 ]

白米を使ったトレーニングで苦もんの表情を浮かべる東浜(左)と飯田
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの工藤監督が宮崎秋季キャンプで「米式トレ」を本格導入した。

 使ったのは「白米」で「重りを持ってやるトレーニングとは全然違う。全体に負荷がかかるし、前腕にいいんだ」と説明。プラスチックケースの中に20キロ近い白米を入れる。ルーキー高橋ら投手陣は手を突っ込み、前後に動かし、握り、手首を回し、指先ではじく。指揮官は「(自主トレで)米国に行った時やってたんだ。本当は(国産米より粘り気の少ない)カリフォルニア米がいいんだ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月31日のニュース