作新 38年ぶり関東大会V 今井に続いた大関3戦連続完投

[ 2016年10月31日 05:30 ]

第69回秋季高校野球関東大会決勝 ( 2016年10月30日    宇都宮清原 )

<東海大市原望洋・作新学院>5安打1失点完投の作新学院・大関
Photo By スポニチ

 来春のセンバツ出場の重要な参考資料となる第69回秋季高校野球関東大会は30日、宇都宮清原球場で決勝が行われ、今夏の甲子園を制した作新学院(栃木)が5―1で東海大市原望洋(千葉)を下して38年ぶり5度目の優勝を決めた。作新学院は11月11日に開幕する明治神宮大会に出場する。

 西武からドラフト1位指名された甲子園V腕・今井の背番号1を受け継いだ左腕・大関が、3戦連続完投でチームを関東王者に導いた。相手の強力打線に対し、丁寧にコースを突く投球で5安打1失点。「三振を取りにいく投球ではなく、打たせて取ることを前提に投げた」。明治神宮大会の出場権を得て「ずっと目標にしていたのでうれしい」と笑みを浮かべた。

 最速152キロを誇った1メートル80の今井に対し、大関は1メートル72で最速135キロ。右と左でタイプも、体格も異なるが「今井魂」は受け継いでいる。今夏は打撃投手として甲子園に同行。先輩の姿を見て「投手は負けない気持ちや絶対打たれない気持ちが一番大事」と学び、強気な投球を身に付けた。新エースは「神宮大会は自分たちの力がどれほどなのか試す場所。相手どうこうじゃなく自分たちの野球ができれば」と誓った。 (原田 真奈子)

 ▼東海大市原望洋・金久保(来秋ドラフト候補。敗れるも全4試合で計612球を一人で投げ抜く)スタミナは付いてきた。(序盤は)力が入って棒球になり、打たれてしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月31日のニュース