慶大・山本瑛 3の1で首位打者“手中” 漢字が苦手な帰国子女

[ 2016年10月31日 05:30 ]

東京六大学野球最終週第2日 ( 2016年10月30日    神宮 )

 打率首位の慶大・山本瑛が、6回に中越えの適時二塁打。竹内の完封を阻止する一打となった。

 この日は3打数1安打で打率は・459となり、2位の吉田明(明大)を3分5厘リードしている。「首位打者は頭に入れてません。明日も走者がいたら還す、いなければ出塁する、を目指します」と至ってクール。米カリフォルニア州育ちの帰国子女。漢字が苦手な慶応ボーイが初タイトルをほぼ確実にした。

 ▼慶大・大久保秀昭監督 初回のバント失敗でリズムがね。いい試合をしたけど負けたということです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月31日のニュース