西武・金子侑 来季は外野手登録に「試合に出られるなら…」

[ 2016年10月31日 05:30 ]

 今季53盗塁でパ・リーグ盗塁王に輝いた西武・金子侑が、来季から外野手登録になる見込みとなった。

 今季はシーズン途中まで遊撃で45試合に出場したが、後半戦は右翼で66試合に出場した。辻監督は「外野手として考えている」とし、本人も「試合に出られるならどこのポジションでもいい」と話している。9月下旬に右脚付け根と左膝裏を痛め、現在リハビリ中。秋季キャンプ(11月5~18日、宮崎・南郷)のメンバーからは外れており、来年2月の春季キャンプから外野手としてアピールする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月31日のニュース