ハムドラ2早大・石井V弾 日本一「心に響いた」

[ 2016年10月31日 05:30 ]

東京六大学野球最終週第2日 ( 2016年10月30日    神宮 )

<早大・慶大>初回2死、ソロ本塁打を放つ早大・石井
Photo By スポニチ

 早慶2回戦が行われ、早大が2―1で慶大を下し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。20日のドラフト会議で日本ハムから2位指名された石井一成内野手(4年)が右中間へ3号先制ソロ。日本ハムの日本一に刺激を受けた一発で、最後の早慶戦を勝ち点で締めくくることを誓った。

 打った瞬間に分かる一発だった。初回2死で、初球のスライダーを思い切り引っ張り右中間へ叩き込んだ。先制の3号ソロ。「感触は良かった。直球を待っていたが反応で打てた。チームをなんとか勢いづけたかった」と納得の表情を見せた。

 前夜、寮の自室で日本シリーズをテレビ観戦。「まだ入団前ですが、素直に凄いと思った。諦めずに戦っているのが心に響いた」と奮い立った。今季は打撃フォーム改造に取り組み、打率は今春の・286から・313と上げた。それでも高橋広監督は「あの日本ハムの二遊間に食い込むのは相当大変。まだまだ努力をしなければ」とハッパを掛ける。石井も「日本一のチーム。そう甘いもんじゃないと思うし、今のままでは埋もれる」と気を引き締めた。

 雪辱したい相手もいる。前日1回戦の8回に、広島から1位指名された慶大の加藤拓から三振を喫して、通算300奪三振をアシストした。くしくも、日本シリーズで対決した球団にそれぞれ進むライバルで、「明日投げてきたら打ちたい」と最後の早慶戦を白星で締め、プロ入りへ弾みをつける。 (松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月31日のニュース