白鴎大、横浜商大を下し準々決勝へ ドラフトコンビが躍動

[ 2016年10月31日 13:24 ]

関東地区大学野球選手権1回戦 ( 2016年10月31日    横浜 )

 明治神宮大会(11月11日開幕)の出場権をかけた関東地区大学選手権が開幕。白鴎大(関甲新学生野球連盟2位)が横浜商大(神奈川大学野球連盟2位)を下して、準々決勝に駒を進めた。

 白鴎大は阪神ドラフト1位の大山悠輔内野手(4年、つくば秀英)が1点を追う初回に逆転2ラン。投げては西武ドラフト2位の中塚駿太投手(4年、つくば秀英)が3安打1失点完投と、ドラフトコンビが躍動した。中塚は「投げきるつもりでいった。四球がなかったんですか?そこだけは100点ですね。ベンチに入れなかった4年生のためにも、少しでも長く学生野球をやっていたい」と笑顔を見せた。

 決勝に進んだ2校が明治神宮大会に出場する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月31日のニュース