西武2位の白鴎大・中塚 大谷&藤浪に続け160キロ宣言

[ 2016年10月21日 06:49 ]

プロ野球ドラフト会議

色紙に目標をしたため笑顔の西武2位・中塚
Photo By スポニチ

 【西武2位 中塚駿太 投手 白鴎大】160キロ投手を目指す。今ドラフト候補選手で最速の157キロ右腕は「同年代の大谷選手、藤浪選手が大台に乗った。3人目になれればいい」と宣言した。

 剛球を支えるのは1メートル92、102キロの恵まれた体格。ラーメンは通常の1・5倍の替え玉を4玉、さらに大盛りチャーハン、ギョーザ15個を一食で食べる大食漢は「中田翔選手、柳田選手といったパ・リーグを代表する選手と対戦してみたい」。日本屈指の強打者も平らげるつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月21日のニュース