今年は抽選免れ真中監督ホッ!?「個人的には良かった」

[ 2016年10月21日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議

 ヤクルトはドラフト当日まで1位指名選手を決めない方針を口にしていたが、実は18日のスカウト会議で寺島に一本化していた。真中監督は「情報を(外に)出さないように頑張りました。即戦力というところで、すぐに使える素材と聞いている」と声を弾ませた。

 今年から1位指名の抽選で「外れクジ」を完全白紙に変更。昨年は1位で競合した明大・高山の当たりクジを引いたと勘違いしただけに「個人的に抽選にならなくて良かった」と苦笑いだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年10月21日のニュース