楽天は横浜・藤平!星野副会長「将大ぐらいになると期待」

[ 2016年10月21日 06:47 ]

プロ野球ドラフト会議

楽天から1位指名を受け、喜びを語る横浜高校・藤平
Photo By スポニチ

 【楽天1位 藤平尚真 投手 横浜】名前を呼ばれると、日に焼けた精かんな顔がほころんだ。「率直な気持ち、うれしいです。自分を選んでいただきありがとうございます」。母校の一室で指名を見守ると感謝の言葉を口にした。ソフトバンク・松坂、ロッテ・涌井ら同校OBの本格右腕の系譜を引き継ぐ。記念の色紙には「勝てる投手になる」と書き込んだ。「高校では勝つ投手になれなかった。プロでは勝つ投手にこだわっていきたい」と、即戦力の意気込みだ。

 梨田監督は「スカウトの評価は高い。5勝できる」と最速153キロ右腕の単独指名に満足げ。チームは5年連続で高校生を1位指名。「高校出身だが即戦力として魅力。身長(1メートル86)は田中(将大)が入ったころに似ている。松坂、涌井よりも上じゃないかとスカウトも評価している」と賛辞を贈った。今井、寺島ら同世代のライバルと横一線でスタートを切る藤平は「ここからが勝負。新人王にこだわっていきたい」と宣言した。今夏甲子園2回戦で寺島を擁する履正社(大阪)に敗れた。その悔しさを「勝てる投手」という目標に凝縮し、杜の都を熱くする。(君島 圭介)

 ▼楽天・星野仙一副会長(藤平に)身体能力があるし、バネも違う。3年後、エースになっている。大学生に劣らない。(田中)将大ぐらいになると期待して1位で指名した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年10月21日のニュース