×

長野 長尺バットで驚異の160メートル弾

[ 2016年10月21日 11:10 ]

 秋季練習の第1クール最終日に、巨人・長野が長尺バットで特大弾を放った。フリー打撃で球を強く引っ張り、ジャイアンツ球場左翼の防球ネットを越える推定飛距離160メートルの一発。

 「(長尺バットは)使ってませんよ」とけむに巻いたが、内田打撃コーチによると、普段より1インチ長い35インチのバットを使用した。バランス感覚を磨き、ドアスイングになるのも防ぐ。同コーチは「遠心力と幅を(大きく)使って振り抜く練習」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2016年10月21日のニュース