巨人1位 中京学院大・吉川「走攻守」そろったアマNo・1内野手

[ 2016年10月21日 05:53 ]

プロ野球ドラフト会議

チームメイトに祝福されながら巨人の帽子をかぶる中京学院大・ 吉川
Photo By スポニチ

 【巨人1位 吉川尚輝 内野手 中京学院大】1位指名を受けた直後から何度も汗をハンカチで拭った。「ホッとしている。小さい頃から憧れてきた舞台にこれでようやく立てる。ずっとそわそわしていました」。50メートル5秒7の快足を生かした走塁と守備など、三拍子そろったアマ球界No・1内野手。6月の全日本大学選手権では、専用球場のないチームを初出場初優勝に導いた。

 中京学院大からは初のドラフト1位となるが、同大の先輩には球界屈指の守備力を誇る広島・菊池がいる。「ここからがスタート。菊池さんのような守備で魅了する選手になれるよう、一日一日、必死にやっていきたい」。本職は遊撃手だが「どこでも守ります。セカンドと言われたらセカンドもやります」。今季首位打者に輝いた坂本との二遊間コンビを頭に描いた。

 初めてドラフト会議に参加した高橋監督も高く評価。堤辰佳GMが創価大・田中、桜美林大・佐々木千と2度、抽選を外したが、「野手ではNo・1だと聞いている。二遊間両方守れるし、足という部分も大きな武器になる」と期待していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月21日のニュース