ヤクルトが指名のあいさつ ドラ1寺島「最初から1軍で行きたい」

[ 2016年10月21日 12:19 ]

 ヤクルトは21日、鳥原チーフスカウトらが大阪府豊中市の履正社高を訪ね、ドラフト1位で指名した寺島成輝投手にあいさつした。即戦力として期待を掛けられた左腕は「最初から1軍で行きたい。勝てる投手になりたい」と抱負を述べた。

 鳥原チーフスカウトからは、ドラフト会議で真中監督が身につけていた「必然」と書かれたカードが入ったパスケースを渡された。同スカウトは「4、5月には1軍で投げてもらいたい」と話し、キャンプも1軍スタートを予定しているという。

 寺島は強靱な下半身から投じる速球が持ち味の本格派左腕。今夏の甲子園大会では3回戦で敗れたが、U―18アジア選手権では日本の優勝に貢献した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月21日のニュース