日本ハム 堀に1位指名あいさつ、栗山監督 日本S前日に駆けつける

[ 2016年10月21日 20:43 ]

 日本ハムは21日、栗山監督らが広島県北広島町の広島新庄高を訪れ、ドラフト1位指名した堀瑞輝投手にあいさつした。球の切れと制球力が持ち味の左腕は「先発投手として2桁勝利を狙いたい」と抱負を語った。

 日本シリーズ開幕前夜にもかかわらず栗山監督は「うちにとっては大事な選手。思いを伝えるために意味があった」とチームの練習後に駆けつけた。ドラフト会議で身につけていたパスケースに「共に天下を」と書いて手渡し、活躍を願った。

 これまで広島ファンだった堀は「優勝した時はうれしかった」と振り返ったが、すでに心変わりした様子。第6、7戦を観戦予定だといい「(それまでに)優勝を決めてくれたら。しっかり日本ハムを応援しようかな」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月21日のニュース