由伸巨人は白星発進!菅野7回無失点で3年連続開幕戦勝利

[ 2016年3月25日 21:07 ]

<巨・ヤ>4回無死、長野が左越えにホームランを放ち高橋監督が笑顔で迎える

セ・リーグ 巨人3―1ヤクルト

(3月25日 東京D)
 プロ野球は25日、2016年シーズンが開幕。高橋由伸新監督率いる巨人は本拠地・東京ドームで昨季のセ・リーグ覇者・ヤクルトと対戦し、3―1で勝って白星スタートを切った。先発の菅野が7回を5安打無失点と好投し3年連続で開幕戦勝利。

 序盤はともに3年連続で開幕投手の大役を任された巨人・菅野とヤクルト・小川の投げ合い。走者を出しながら得点を許さない菅野に対し、小川は3回まで1人の走者も出さない完璧なピッチング。

 均衡を破ったのは巨人・長野だった。4回先頭で左越えに先制ソロ。1ボールからの2球目、高めに甘く入った139キロの直球を左翼スタンドに運んだ。巨人は7回に2番手の秋吉を攻め、1死一、二塁から8番・小林の右中間適時二塁打で2点を追加。8回に2番手のマシソンが川端、山田に連続二塁打を浴びて1点を失ったものの、9回を沢村が締めて逃げ切った。

 開幕直前に4人目の野球賭博関与や自チームの勝敗に絡む現金授受などが発覚。「厳しく、そして温かく支えてくださっている皆さまの期待を裏切らぬよう精いっぱい戦い抜きます」と信頼回復を誓った高橋新監督。船出の開幕戦でまずはファンに1勝を届けた。

 ヤクルト・小川は6回を2安打1失点と好投したが、無援に泣き、開幕戦は2年連続で黒星。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース