谷繁監督も応戦!中日・大野 虎ドラ1高山と初球直球対決へ

[ 2016年3月25日 05:30 ]

キャッチボールで調整する大野

セ・リーグ 中日―阪神

(3月25日 京セラD)
 6年目で初の開幕投手を務める中日・大野は京セラドーム大阪で前日練習に臨み、「ストレートを投げるでしょうね」とあらためて第1球を“予告”した。

 阪神・金本監督が1番起用する高山に「初球本塁打指令」を出していることを聞かれ、「打たれないように気をつけます」と対抗心をメラメラ!?谷繁監督も「じゃあ、1球で打ち取ればいい」と“応戦”した。

 就任3年目ながら谷繁監督にとっては専任1年目の開幕。「選手のことしか考えていない。明るく元気に―と激励会で言ったけど、それだけで済むとは思っていない。勝つこと」。3年連続Bクラスに低迷した昨季限りで功労者たちが現役を退くなどチームは一気に若返り。今年は球団創設80周年にも当たり、「全員ではい上がってきたい」と逆襲を期した。 (細川 真里)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース