青森山田・兜森監督 完封負けに悔しさ「もう少し攻撃したかった」

[ 2016年3月25日 13:14 ]

<敦賀気比・青森山田>青森山田の先発・堀岡を迎える兜森監督

第88回選抜高校野球大会第6日・1回戦 青森山田0―1敦賀気比

(3月25日 甲子園)
 11年ぶり2回目出場の青森山田は僅少差での投手戦を落とし、選抜初勝利を飾ることができなかった。

 兜森監督は「しっかり守れました」と試合を振り返ると、エースの堀岡については「球威、制球力は一冬越えて上がった」と8回を完投して3安打1失点の好投を称えた。

 敦賀気比の山崎に4安打完封を許した打線に関しては「もう少し攻撃をしたかった」と悔しさをにじませ、「走者を動かしたところもあったが、打てなかった」と肩を落とした。

 古豪復活を託され、昨年8月に就任。36歳の若き指揮官は「レベルの高い投手をどう打つか。これが夏への課題」と早くも前を見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース