ラミレス監督 抜てき!球団初ドラ4戸柱開幕マスク、二塁はドラ3柴田

[ 2016年3月25日 05:30 ]

開幕戦を前に、練習で筒香(左)と話すDeNAのラミレス監督

セ・リーグ DeNA―広島

(3月25日 マツダ)
 新生ベイスターズで白星スタートを切る。開幕前日のDeNA・ラミレス新監督は緊張した様子で「(スタメンは)あしたの朝までに決めるよ。自分の中での構想はあるが、まだ100%決め切れてはいない」と話した。

 いつになく慎重だったが、ドラフト3位の柴田、同4位の戸柱のルーキー2人を開幕スタメンに抜てきすることが濃厚だ。

 「名前は言えないが、シーズンを通してマスクをかぶってくれる人に任せる」。指揮官は明言は避けたが、すでに正捕手には戸柱を指名しており、球団初の新人開幕マスクが有力。守備力が高い柴田は二塁での先発起用となる見込みだ。念願だった監督として迎える開幕へ、フレッシュなメンバーを起用する可能性が高いラミレス監督は「夢がかなった。長年準備したことが発揮できる」とプレーボールが待ち切れない様子だった。 (中村 文香)

 ▼DeNA・井納(右足首を負傷した山口の代役で初の開幕投手)チームがいい状態で(山口)俊が帰ってこられるよう、いいスタートを切りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース