【パ・リーグ展望】ソフトB デホ抜けても不安皆無 ハムはバース次第

[ 2016年3月25日 10:15 ]

笑顔を見せる工藤監督

 【ソフトバンク】日本一連覇の原動力だった武田、バンデンハークに5年ぶり復帰の和田が加入。摂津、成長株の千賀に中田、大隣、寺原も控え先発は豊富。李大浩(イ・デホ)が抜けて新戦力不在の打線だが、オープン戦では柳田が5本塁打と絶好調。不安は皆無だ。(ソフトバンク担当・福浦 健太郎)

 【日本ハム】先発は大谷、吉川、メンドーサ、有原の4投手が計算できる。新外国人バースが年間通して働ければ、昨季の大差2位から優勝への視界が開けてくる。打線の軸は中田、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)で不動。昨季打率3位で外野挑戦中の近藤の打棒も鍵を握る。(日本ハム担当・柳原 直之)

 【ロッテ】投手は守護神・西野をはじめ、益田、大谷、内らの強力救援陣を誇るだけに、先発の出来が鍵を握る。大砲・ナバーロの4週間出場停止は誤算だったが、清田、デスパイネ、角中が主軸の打線は好調。開幕から波に乗れば優勝を争う力はある。(ロッテ担当・渡辺 剛太)

 【西武】打線は秋山、栗山、メヒア、中村、浅村といった豪華な顔触れが並ぶ。下位打線が機能すれば、破壊力はリーグ屈指。投手陣は開幕投手の菊池と中継ぎ陣が浮沈の鍵を握る。ソフトバンクに大きく負け越さなければリーグ優勝も狙える。(西武担当・重光 晋太郎)

 【オリックス】金子、平野ら自慢の投手陣でいかに逃げ切るか。つまりは打てるか、が鍵。モレル、ボグセビックの新外国人にドラフト1位の吉田正と新戦力は期待大。糸井、中島が復活なら12球団随一の打線。ダークホースとして2年前は躍進したが…。(オリックス担当・鶴崎 唯史)

 【楽天】打線は5番・今江から茂木、ゴームズと新戦力が名を連ね、下位まで切れ目がなくなった。投手はエース則本に次ぐ先発2番手が伸びてくるかが鍵。先制し、いかにリードしたままで守護神・松井裕につなぐかが勝敗を大きく左右する。(楽天担当・徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース