【セ・リーグ展望】阪神 唯一の不安はヘイグ 巨人の課題は得点力

[ 2016年3月25日 10:15 ]

オマリー打撃コーチ補佐(右)のアドバイスを聞くヘイグ

 【ヤクルト】リードオフマンの坂口が加入し、川端、山田、畠山、バレンティンと打線は破壊力抜群。絶対的守護神・バーネットが退団したが、オンドルセク、秋吉ら救援陣の質は高い。小川、石川、館山ら先発陣が機能すれば独走の可能性も十分ある。(ヤクルト担当・平尾 類)

 【巨人】先発投手の菅野、ポレダ、田口は昨年より上積みが期待できる。課題はチーム打率.243で昨季リーグ最下位だった打線。開幕で捕手復帰を目指した阿部を欠く中で、得点力をどう上げるか。就任1年目の高橋監督の采配で再建を図る。(巨人担当・春川 英樹)

 【阪神】高山、横田を1、2番、中軸にゴメス、福留、下位に鳥谷を配する打順が組めれば切れ目ない打線が成立する。先発投手はメッセンジャー、藤浪、能見、岩田、藤川と粒ぞろい。抑えもマテオの計算が立った。唯一の不安材料は新外国人ヘイグだ。(阪神担当・惟任 貴信)

 【広島】得点力不足だった打線にルナが加入。菊池、丸の復調も見込め、昨季の二の舞いを演じることはなさそう。鍵を握るのは投手陣。前田が抜け、大瀬良離脱の先発は当面、岡田、横山の新人が頼り。勝利の方程式が機能するか否かもポイントだ。(広島担当・江尾 卓也)

 【中日】大野を柱とした先発陣がどれだけ踏ん張ることができるか。打線は4番・ビシエド、5番・平田の中軸が安定した打力を見せ、若い遠藤、高橋の成長があれば上位進出も見えてくる。専任となる谷繁監督が下馬評の低さを覆せるか采配に注目。(中日担当・細川 真里)

 【DeNA】先発投手はラミレス監督がエースに指名した山口がどれだけ白星を積み重ねるか。今永、戸柱と新人が戦力としてメドが立ちバッテリーは強化された。打線は梶谷、ロペス、筒香と強打者が並ぶ。5番の新外国人・ロマックの成績が鍵を握る。(DeNA担当・中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース