先発マスクの巨人・小林誠が貴重な追加点「必死にやった結果」

[ 2016年3月25日 21:57 ]

<巨・ヤ>7回1死一、二塁小林誠は適時二塁打を打つ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人3―1ヤクルト

(3月25日 東京D)
 スタメンマスクの小林誠が貴重な追加点を叩き出した。7回1死一、二塁から右中間を破る2点適時二塁打。同い年のエース菅野を援護した。

 「何とか食らい付いていこうと必死にやった結果だと思う。開幕戦は特別ですし、由伸監督になって大事な試合なので何としても勝ちたいという気持ちがあったので良かったです」。先制ソロの長野、菅野とともにお立ち台に上がったイケメン捕手が声を弾ませた。

 捕手復帰の阿部が2軍スタートで不在の中、バットでも存在感をアピール。「リーグ優勝したいのでそこに向けて1勝できたことは大きいと思いますし、また切り替えてあした頑張りたいと思います」と気合を入れ直していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース