PR:

智弁学園8強一番乗り!エース村上粘投 鹿実・谷村7回崩れて4失点

<智弁学園・鹿児島実>智弁学園・村上は力投する

第88回選抜高校野球大会第6日・2回戦 智弁学園4―1鹿児島実

(3月25日 甲子園)
 第88回選抜高校野球大会の第6日は25日、甲子園球場で行われ、第2試合から2回戦が開始。2年ぶり10度目の出場の智弁学園(奈良)が5年ぶり9度目の出場の鹿児島実(鹿児島)を4―1で下し、ベスト8進出を決めた。

 智弁学園の先発・村上は初回に先制を許したが、以降は得点を許さず1失点完投。10安打を打たれながらも完封した1回戦の福井工大福井と同様、粘りの投球を見せた。

 1点を追う打線は、鹿児島実の先発・谷村に苦戦し4回まで無安打。だが、迎えた7回、2死一、三塁から2番・岡沢が同点の適時二塁打を放ち同点に追いついた。すると3番・太田のゴロを、鹿児島実の二塁手・板越が一塁へ悪送球し逆転に成功。続く4番・福元が2点本塁打を左翼スタンドに叩き込み、試合を決めた。

 鹿児島実は初回に幸先良く先制するも、追加点が奪えず。8回2死満塁の好機でも無得点に終わった。先発・谷村は6回まで智弁学園打線をゼロに封じていたが、7回に失策が絡んで一挙4点を失った。

[ 2016年3月25日 13:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月13日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム