柳田に内川も間に合った!工藤監督「勝つことで勢いがつく」

[ 2016年3月25日 05:30 ]

工藤監督(左)が内川のキャッチボールを見守る

パ・リーグ ソフトバンク―楽天

(3月25日 コボスタ宮城)
 3年連続の日本一を目指すソフトバンク・工藤監督は「うちのチームは勝つことで勢いがつく」と意気込んだ。

 主力も間に合った。昨季トリプルスリーの柳田はオフに右肘を手術したが、オープン戦終盤に守備にも復帰。開幕戦から「3番・中堅」でプロ野球史上初の40本塁打、40盗塁に挑む今季に向け「シーズンは長いのでケガをしないように」と話した。オープン戦では左肩痛や胃腸炎で一時離脱した内川も「4番・一塁」で出場予定で「チームに迷惑をかけたのでシーズンを通じて恩返ししたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月25日のニュース