横浜サヨナラ勝ちで決勝進出 渡辺監督最後の夏まだ終わらない!

[ 2015年7月27日 13:43 ]

今夏限りで退任する横浜・渡辺元智監督

第97回全国高校野球選手権神奈川大会準決勝 横浜4―3桐光学園

(7月27日 横浜)
 この夏限りで勇退する横浜・渡辺元智監督(70)率いる横浜は桐光学園に4―3でサヨナラ勝ちし、2年ぶりに決勝戦へ進出した。

 初回、中前安打で出塁した戸堀が二盗に成功。内野ゴロで三進し、公家の投手強襲内野安打で1点先制した。5回には2死二塁から三河が中前へ適時打を放ち1点追加した。

 先発の石川は5回途中まで無失点で抑えたが、5回から救援した春日井が6回1死満塁のピンチを招いた場面で2年生エースの藤平が登板。暴投で1点を失い、さらに中前適時打を許し同点に追いつかれると、スクイズで勝ち越し点を奪われた。

 1点を追う7回、2死走者無しから1年生の増田が左翼席へ同点のソロ本塁打を叩き込み試合は振り出しに。9回は安打と四球で1死一、二塁の好機を作ったが、戸堀が遊ゴロ併殺打に倒れ延長戦に突入した。

 10回、先頭の三河が右前打で出塁すると犠打で二進。石川が右越えのサヨナラ打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース