浦和学院 エース江口踏ん張れず…昨年に続き公立校に苦杯

[ 2015年7月27日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権埼玉大会準決勝 浦和学院1-4白岡

(7月26日 県営大宮)
 浦和学院の2年ぶりの甲子園出場はならなかった。3回戦で県川口に屈した昨年に続いて公立校に敗北。打線が6安打1得点に封じられ、森士(おさむ)監督は「打ち崩せなかったのが敗因。変化球を打てなかった。焦りが見えていた」と振り返った。

 今センバツ4強入りの原動力となったエース左腕・江口は8回1/3を8安打4失点と踏ん張れなかった。昨秋の新チーム結成後は県内公式戦では無敗だったが、指揮官は「相手に勢いがあった。そこで負けていた」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース