大阪桐蔭、盤石8強入り!好投手対策で抜てきの原田2安打2打点

[ 2015年7月27日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権大阪大会5回戦 大阪桐蔭10-3金光大阪

(7月26日 豊中ローズ)
 大阪桐蔭が盤石の8強入りだ。計7安打10得点で金光大阪を圧倒した。相手の2年生エース・末友はスライダーを武器に4回戦の近大泉州戦で毎回の16奪三振。西谷浩一監督は好投手対策の一環として、プロ注目の青柳を先発から外し、左の原田を抜てきした。

 その原田が期待に応える2安打2打点で勝利に貢献。激しいチーム内競争が好循環を生み出す。原田は「練習の中でも競争意識を持ち、負けたくないと思ってやっています」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース