2万8000人集めた“怪物”清宮 高校日本代表入り議論加速

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<早実・東海大菅生>表彰式で金メダルを授与され笑顔の早実・清宮
Photo By スポニチ

第97回全国高校野球選手権西東京大会決勝 早実8-6東海大菅生

(7月26日 神宮)
 早実の甲子園出場で、清宮の高校日本代表入り議論が加速する可能性が出てきた。代表入りに向け、今後は甲子園のような土のグラウンドでの対応力や長打力などがチェックされる。

 代表が出場するU―18ワールドカップ(8月28日開幕、甲子園ほか)を世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長が視察予定。この日の決勝戦は清宮の話題性もあり、大会関係者が「記憶にない。おそらく最多」と驚く2万8000人の大観衆が神宮球場に詰めかけた。清宮が仮に代表入りすれば、20年東京五輪での野球競技復活へ活動を続ける同会長に「プレゼン材料」を提供することにもなりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース