智弁和歌山3年ぶり聖地へ エース斎藤3安打完封「120点」

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<智弁和歌山・和歌山商>甲子園切符を手にした智弁和歌山ナインは、エース斎藤(左中央)に駆け寄り一番ポーズ

第97回全国高校野球選手権和歌山大会決勝 智弁和歌山2-0和歌山商

(7月26日 紀三井寺)
 智弁和歌山の左腕・斎藤が9回2死一、二塁から最後はこん身のスライダーで和歌山商・野島を二ゴロに仕留め、3安打完封。3年ぶりに夏の甲子園キップを手に入れた強豪校のエースはマウンドにできた歓喜の輪の中で号泣した。

 「みんながよく守ってくれたおかげです。三振10個だけど、ボクは打たせて取るタイプ。甲子園に行けるんで120点」

 初回からMAX141キロの直球で内角を攻め、スライダーを自在に操った。ちょうど1年前の7月26日。昨夏の決勝で市和歌山に延長12回サヨナラ負けを喫した。敗戦の新聞記事とともに下宿のベッド脇の壁に銀メダルを貼り付けた。「これを見て、悔しさを忘れなかった」。準々決勝で市和歌山に勝ち、新聞記事は破り捨てた。「帰ったら銀メダルを外します」。ピカピカの金メダルを首に掛け、やっと笑みがこぼれた。

 「3年生をぜひ夏の甲子園に連れて行きたかった。64勝目?選手にお願いします。甲子園では智弁(和歌山)の野球をせんと。勝ちたいですよ」

 甲子園最多の通算63勝を誇る高嶋仁監督は大会までの約10日間で打線を立て直すつもりだ。好投手・斎藤と強力打線なら、全国制覇も夢じゃない。(古野 公喜)

 ◆智弁和歌山 教育目標は「誠実・明朗」。OBに日本ハムの西川ら。

 ▼日本ハム・西川(10年度卒OB)和歌山で勝つことが当たり前のようになっているのでプレッシャーは凄い。監督はいつもベンチ前で仁王立ちしているので、選手よりも先に倒れないか心配ですね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース