三菱重工広島・国本 大暴れ!3ラン「正直打った瞬間…」

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<三菱重工広島・信越硬式野球クラブ>4回1死一、二塁、三菱重工広島・国本(右)は先制3ランを放ち松原と笑顔でハイタッチ

第86回都市対抗野球第9日・2回戦 三菱重工広島4―1信越硬式野球クラブ

(7月26日 東京D)
 まさに広島野球だ。4回無死一塁から三菱重工広島4番の田中がバントを試みるなど揺さぶって1死一、二塁。6番・国本が左中間へ3ランを放って試合の主導権を握った。

 「正直、打った瞬間に入ると思った」。昨年のアジア大会(韓国・仁川)では日本の銅メダル獲得に貢献した捕手の一発で奪ったリードを継投で守りきった。一発だけでなく、この試合は3盗塁。セーフティーバントなど随所で機動力を生かし、常に進塁を意識した戦いぶりを見せた。

 広島、阪神で計15年プレーした町田公二郎監督が「打つ4番もいれば走者を還す4番もいる。みんなが同じ選手ではない」と話す適材適所の用兵がはまった。町田イズムがはまったチームは4大会ぶりの出場で4年ぶり8強へ駒を進めた。

 ▼三菱重工広島・大下(5回1/3を1失点。DeNA・山崎康、広島・薮田は亜大同期)先制点をやらないように全力で投げた。最低限の仕事はできた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース