広島新庄“4度目の正直”初出場!重盗で先制、堀1失点完投

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<広島新庄・呉>初優勝を飾り、喜びを爆発させる広島新庄ナイン

第97回全国高校野球選手権広島大会決勝 広島新庄3-1呉

(7月26日 しまなみ球場)
 4度目の挑戦で、ついに厚い壁を破った!第97回全国高校野球選手権大会(8月6日から15日間、甲子園)の広島大会決勝が26日、しまなみ球場であり、広島新庄が3―1で呉を破り、初出場を決めた。

 マウンドに歓喜の輪ができる。11年如水館、13年瀬戸内、昨年は広陵に苦杯を喫した決勝で、ついに広島新庄が笑った。

 「今まで(広島県の)北部では(夏の甲子園出場が)なく、プレッシャーがあった」。百戦錬磨の迫田守昭監督も、胸をなで下ろした。名将の勝負手で、試合の主導権を握った。初回2死一、三塁、打者定永が2ストライクと追い込まれると3球目に重盗を仕掛け、三塁走者の岩本が先制のホームを陥れた。

 「ああいうことは一生に1度ぐらいですが、一生懸命練習をやってきた。今まで1回も使ったことがなかったが、この土壇場でできました」

 備えあれば憂いのない姿勢が土壇場で生きる。同点の4回に2本の適時打で2点を勝ち越し。エース堀瑞輝投手(2年)が1失点完投でリードを守り抜いた。

 三菱重工広島監督として79年都市対抗で頂点に。母校・広島商の監督時代にも2度、甲子園に出場している。07年秋に広島新庄を預かり、14年には初の選抜出場も果たした。1928年創部の野球部にとって、87年目で手にした夢切符。佐々木主将は「甲子園でも一戦必勝でいきたい」と誓った。(山本 達雄)

 ◆広島新庄 1909年創立。ソフトテニスも盛ん。

 ▼広島・永川(98年度卒OB)何試合か見ましたけど、みんな一生懸命にやっている姿が素晴らしいと思いました。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース