初東京ドームで堂々!NTT西日本・浜崎 1失点完投

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<NTT西日本・東芝>熱投120球!1失点完投で勝利に貢献したNTT西日本・浜崎

第86回都市対抗野球第9日・2回戦 NTT西日本4―1東芝

(7月26日 東京D)
 NTT西日本は入社4年目右腕・浜崎が強豪・東芝を相手に120球で1失点完投。送り出した前田監督の「楽しんで投げてこい」の指令を忠実に実行してみせ、マウンドから見る初めての東京ドームの景色にも「楽しかったです」と振り返る余裕も見せた。

 昨年までは活躍が少なく「上がれ(退部)と言われることも頭をよぎった」という。だが、昨年末に就任した前田監督が一目見て「次のエースになれる子」と判断。期待されることで「ムダなことは考えないことにした」と生き返った。球種は直球にチェンジアップ、スライダーの3種類。それでも自信が球に乗り移り安定感十分の投球内容に「4年目にして初めてチームの一員になれた気がします」。1965年以来50年ぶりの黒獅子旗へ、頼もしい男が目を覚ました。

 ▼NTT西日本・永松(7回1死満塁で決勝三塁打)開き直って打席に入った。2球目のファウルは当てにいってしまって振り切ろうと思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース