オリ 「鷹の祭典」止めた!V打の中村「きょうは娘の誕生日」

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<ソ・オ>11回1死二、三塁、駿太の右線二塁打で生還した中村はナインとタッチ

パ・リーグ オリックス5-1ソフトバンク

(7月26日 ヤフオクD)
 オリックスが脇役たちの集中打で延長11回の熱戦に決着をつけた。ソフトバンクが限定色のレプリカユニホームをファンに配布するイベント「鷹の祭典」の連勝を11で止めた福良監督代行は、開口一番「疲れた。一つ勝つのは大変」と苦笑いを浮かべた。

 決勝打は途中出場の中村だ。1死一塁から左翼と遊撃の間に落ちるラッキーな二塁打。「きょうは娘の5歳の誕生日なのでよかった」と喜んだ。さらに9番・岩崎には2年ぶりの適時打が飛び出し、この回4連続長短打を含む5安打で4点。黄色に染まったスタンドを沈黙させた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース