トヨタ自動車 悲願また届かず「悔しさをかみしめて帰ろう」

[ 2015年7月27日 05:30 ]

<日本生命・トヨタ自動車>4回無死一塁、トヨタ自動車・木下が左越えに先制2ランを放つ

第86回都市対抗野球第9日・準々決勝 トヨタ自動車2―4日本生命

(7月26日 東京D)
 試合終了から15分。長いミーティングを終えたトヨタ自動車の田中監督は「あの一球が悔しい」と声を絞り出した。タイブレークに突入した12回。高橋を2ストライクと追い込みながら上杉のスプリットが高めに浮いて決勝2点打を許した。

 「藤井君はよかったが、それでも追加点を取らないといけなかった。そこが…」。どうしても届かない黒獅子旗。悲願は来年以降に持ち越しとなり「悔しさをかみしめて帰ろう」とミーティングでは感謝とともにナインに奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース