早実に続く!“レジェンド校”鳥羽、コールドで甲子園出場に王手

[ 2015年7月27日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権京都大会準決勝 鳥羽8-0乙訓

(7月26日 わかさスタジアム京都)
 鳥羽が7回コールド勝ちで決勝に駒を進めた。初回先頭の田淵が中前打で出ると、2番・岩切の犠打を挟み8番の宮西まで7打数連続安打となり3点を先制。2回にも3本の適時打で4点を追加し、乙訓を圧倒した。

 投げては背番号10の左腕・山田が散発4安打で完封。初戦(2回戦)の京都農芸戦で5回無安打無得点を達成して以来の登板に「前回同様に四球が多かったのは反省です」と不満を口にしつつも、「ゼロで抑えられたのでよかった」と話した。

 1915年の第1回全国中等学校優勝野球大会で優勝した京都二中の流れをくむ同校。第1回大会出場校では早実に続く甲子園出場に王手がかかった。山田は「高校野球100年の節目にプレーさせてもらえることに感謝している。目指しているのは日本一。通過点だと思うので絶対に勝ちたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース