習志野・加藤 後逸に「頭が真っ白」 松井裕弟はベンチで終戦

[ 2015年7月27日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権千葉大会決勝 習志野3-7専大松戸

(7月26日 QVCマリン)
 習志野は7回に3連打で追加点も2者がけん制死。相手に流れを渡して逆転を許し、4年ぶりの甲子園を逃した。

 ランニング本塁打につながる後逸をした2年の中堅・加藤は「目測を誤り、頭が真っ白になった。本当に悔しい」と涙目。小林徹監督は「選手たちは精いっぱいやってくれた。(2年生は)これからの1年をどう過ごすかが重要。恩返しにもつながる」と成長に期待した。楽天・松井裕の弟・和輝は出場機会がなく、最後の夏を終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月27日のニュース