カラバイヨと連弾 ブランコ“オリ1号”「いい感触、うれしい」

[ 2015年5月9日 18:05 ]

<オ・日>3回2死、ブランコが中越えに今季1号本塁打を放つ

パ・リーグ オリックス8―2日本ハム

(5月9日 京セラD)
 オリックスの助っ人トリオが、チームの連敗を止めた。

 2点リードの3回、まずはカラバイヨが2試合連続となる5号2ランを左翼へと運んだ。この一発でブランコの闘志に火がついた。「自分の前にホームランが出ると、自分もと思う。いい感触だった」。外寄りの直球を叩いた。打球はあっという間にバックスクリーン左に突き刺さった。左膝痛から1軍復帰して2試合目。「オリックスのユニホームでホームランを打つのは初めてだったのでうれしい」。今季1号に口元を緩めた。

 カラバイヨ&ブランコの初アベック弾などで序盤から援護を受けたディクソンは余裕の投球で6回1失点。開幕3連敗後は4連勝と、勝ち星先行に「早い段階で点を取ってくれて、落ち着いて投げることができた」と打線に感謝した。

 投打で日本ハムを圧倒し、連敗を5で止めた森脇監督は「らしさが出ましたね」と助っ人トリオの活躍に安どの表情。負傷者が復帰し、ようやくチーム状態が整いつつある中で、巻き返しに向け手応えをつかんでいるようだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月9日のニュース