立大・大城が100安打 13打席無安打後の先頭打者弾で達成

[ 2015年5月9日 17:59 ]

東大戦の初回、通算100安打となる左越え先頭打者本塁打を放った立大・大城

東京六大学野球春季リーグ第5週 立大5―4東大

(5月9日 神宮)
 立大の大城滉二内野手(4年)が東大1回戦でリーグ史上31人目の100安打を達
成した。初回、2ボールからの3球目、山本俊の142キロ直球を左翼席に運び、先頭
打者アーチのメモリアル弾で節目を飾った。「思い切っていこうと思った。(100安
打は)意識はしていた」と振り返った。

 99安打を放ってから13打席ノーヒットが続き「こういうこともあるんだなと思っ
た」。今秋ドラフト候補に笑顔が戻った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月9日のニュース