球界復帰への一歩 永久追放のローズ氏が13日に解説者デビュー

[ 2015年5月9日 12:45 ]

ピート・ローズ氏 (AP)

 メジャー通算最多の4256安打という記録を打ちたてながら、野球賭博に関与したとして89年に永久追放処分を受けたピート・ローズ氏(74)が13日に米FOXテレビで解説者デビューする。先月に同局との契約は発表されていたが、ローズ氏が解説を務める具体的な時期についてはこれまで未定だった。

 「野球について語ることが好きな自分にとって、これが仕事という感覚はないね。楽しみだよ」。ローズ氏は明るい表情でそう語ると、「でも、俺の顔はテレビよりもラジオ向きだよな」とジョークで周囲を笑わせていた。

 球場ではなくスタジオでの解説となるため、顔の露出が多くなるが、それはさておき、番組プロデューサーはローズ氏と話をした際、同氏の野球に関する知識の深さに舌を巻いたそうで、少なくともそのしゃべりに関してはテレビ向きといえそうだ。

 現在、ローズ氏は大リーグ機構に対して永久追放処分の撤回を要請しており、マンフレッド・コミッショナーもこれを検討中。自他共に適任だと認める解説業が球界復帰への足掛かりになるかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月9日のニュース