ソフトBデホ&松田連弾で逆転勝ち バリオスはパ新13連続ホールド

[ 2015年5月9日 05:30 ]

<ソ・楽>4回無死、左越え本塁打を放った松田は雄叫びを上げる

パ・リーグ ソフトバンク5-3楽天

(5月8日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが5、6番の2者連続アーチで逆転勝ちした。

 0―1の4回。まずは先頭の李大浩(イ・デホ)が、左中間のホームランテラスに2試合連発の8号ソロを運び「ちょっと詰まったと思ったけど、しっかり振りぬいたので何とか届いてくれた」。続く松田は決勝の7号ソロを左翼ポールにぶち当てた。今季、ヤフオクドームでチーム本塁打は19本だが、新設されたホームランテラスに入ったのは10本目。3発放り込んでいる李大浩は「(昨季より)余裕はある」と地の利で量産している。

 ≪セ、パ通じ単独3位≫バリオス(ソ)がパ・リーグ新記録の13試合連続ホールド。連続ホールドの5傑を見ると
05年藤川球児(神)17
11年浅尾拓也(中)15
15年バリオス(ソ)13
12年山口鉄也(巨)12
13年宮西尚生(日)12
13年マシソン(巨)12
 セ、パ通じ単独3位に浮上。また、13年マシソンを抜く外国人最多記録にもなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月9日のニュース