復帰へ順調…マー君「ちゃんと投げられるように戻らないと」

[ 2015年5月9日 08:42 ]

開門前にファンと記念撮影するヤンキース・田中

 右手首のけん炎と右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしているヤンキースの田中将大投手(26)が8日、前日に続いてキャッチボールを行った。キャッチボール再開後、初めて報道陣に対応した田中は、落ち着いた口ぶりで順調な回復をうかがわせた。

 ―復帰への思いは。

 「早く戻りたいという思いもあるし、ちゃんと治さないと、という思いもある。ちゃんと投げられるように戻らないといけない」

 ―ノースロー期間のトレーニングは。

 「手首に負担がかからないように、できる範囲で普通にやっていた。ちゃんとした形で戻れるようにやっていくだけ」

 ―昨季、右肘故障時の投げ始めと比べて。

 「(去年より)まったく投げていない期間が短いので、もちろん今の方が(状態は)いい」

 ―マイナーでの調整登板の回数は少なくて済みそうか。

 「自分ではそんなに必要ないとは思うが、(リハビリ過程で)ひっちゃかめっちゃかな投球をしていたら(メジャーで)投げさせてもらえないと思う。自分自身も首脳陣も納得する形じゃないと駄目だと思う」(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月9日のニュース